跡や赤みは治療が出来る

初期症状でも相談をする

美容整形

赤みや色素沈着、クレーターといった症状は、ニキビによる炎症が強く、長く続いたために起きます。ニキビには複数の種類がありますが、炎症を起こしたニキビは赤ニキビと呼び、これがニキビ跡の原因ともなるので、症状が悪化しない内に美容整形などの専門医に相談をして適切なケアをしてもらう工夫が有効です。赤ニキビを放置しておくと、炎症を食い止めようと皮膚が炎症で破壊された部分に、炎症細胞が集まり結果としてコラーゲン組織の変性や繁殖などが起きて、肥厚性瘢痕と呼ばれる凹凸が肌にできることもあります。そうすると赤みだけでなく、クレーターまで出来ることになり、より症状が悪化してしまいます。跡が悪化してしまうと、さらに治療に時間と費用が掛かるようになります。だからこそ美容整形などと綿密な相談をしつつ、ケアに取り組んでいくことが重要となります。美容整形ならば初期のニキビの対応から、クレーターのような大きな跡まで対応可能です。色素沈着の症状もレーザー治療などで消すこともできます。

炭酸ガスレーザーも普及

レーザー治療はニキビ跡のケアの方法として美容整形において広く取り入れられつつある治療法であり、今後の普及が待たれています。その1つとして、注目を集めているのが炭酸ガスレーザーを使った施術です。炭酸ガスレーザーを水に吸収される波長に調整した上で、皮膚に照射するとレーザーが貫通しつつ、目標部には熱を伝えることができます。この仕組みを利用して、ニキビ跡の原因物質であるメラニン色素のみを熱エネルギーで破壊するのが、炭酸ガスレーザー治療です。効果が非常に高く、他の部位の肌を痛めにくいことから、将来的にさらに普及すると予測されます。また比較的手軽に行えるニキビ跡の治療も増えつつあります。ヒアルロン酸注入によるクレーター治療もその1つです。クレーターの下部にヒアルロン酸を注入して、皮膚の段差を無くすことが簡単に可能です。美容整形の分野の進歩は日進月歩であり、このように次々とニキビ跡の治療にも有効な施術法が登場しており、今後も最新治療が随時広まると見られます。