肌のトラブルの放置は危険

クリニックに相談しよう

女性

ニキビは重症になるとクレーターのような跡が残ります。色素沈着を起こし赤黒い色に変化してしまいます。これを放置しておくことは肌のトラブルのもとです。ニキビ跡のクレーターに古い角質や皮脂などがこびりついてさらに悪化することもあるからです。自宅でするスキンケアも大切ですが、これを完全になくすことはできません。完治を目指すならクリニックに相談するのが一番です。医師の処方による服薬で治す方法もあります。これはニキビ跡が軽い状態の場合有効な方法です。しかし重度のクレーター状になったニキビ跡は整形が必要になってきます。また、クリニックだけでの治療ではなく、医師は自宅でできるスキンケアを指導してくれます。自己流のスキンケアはともすれば間違った方向に向いてしまうこともあるのでこれは大切です。クリニックでの整形はその症状によって、さまざまな方法が試されています。しかし,ほとんどがメスを使わない痛みの少ない治療なので体に負担がかかりません。また、効果も持続するので人気の治療法です。

素肌を蘇らせる方法

一番簡単な治療はヒアルロン酸注射です。これはニキビ跡に注射することにより皮膚を盛り上げ跡を目立たなくします。また、ヒアルロン酸は肌にうるおいやハリを与える効果もあります。針も極細針なので痛みを感じません。ケミカルピーリングという方法は肌に薬を塗布して、軽いやけどのような状態を作り肌を活性化させる方法です。やけどといっても痛みはなく簡単な施術です。レーザー治療は肌にレーザーを照射し強制的にコラーゲンの生成を促す方法です。これにより肌が再構築されスベスベとした弾力のある肌が取り戻せます。重症のクレーターは皮膚移植という整形方法があります。整形の中でもこれは唯一メスを使う方法です。これは文字通り皮膚を移植する方法で術後も傷が癒えるまで静養が必要となります。あまり行われない手術ですが広範囲にわたったニキビ跡には効果的な方法です。クリニックでの整形は費用が高いと考える人もいます。しかし実際に整形を行ってみるとその効果の持続性や蘇った素肌の感触に満足する人がほとんどなのです。